①ヴィークルリョナ
 バイクに乗った変身ヒロインは商業・同人問わず多数います。かつての戦隊シリーズでは、それぞれのメンバーに個人用バイク、もしくはそれに準ずる乗り物があるのが当たり前でした。また、仮面ライダーパロディの同人ヒロインならばやはりバイクに乗っていてしかるべきでしょう。
 そうであるならば、18禁創作においてもこのバイクを生かした責めがたくさんありそうなものです(ガジェットリョナにおけるヴィークルリョナ)が、意外なことにあまり見かけません。戦隊物の二次創作であれば、鳥籠さんの「寄生虫・続」におけるキバーマシンを使ったプレイがありますが、それ以外ではほぼ皆無と言ってよいでしょう(もし心当たりがあれば、是非コメント欄でお教えてください!)。
 サークル「鋼鉄連合」さんから出た「スタージェムライダー敗北集」には、この数少ないバイクを用いたヴィークルリョナのシチュエーリョンが収録されています。

 スタージェムライダー敗北集

愛車の座席に付けられたディルドゥで貫かれ、さらし者にされる正義のヒロイン。エンジンの振動がそのまま性感帯を刺激するバイブレーションとなる描写は、「寄生虫・続」とも通じるところがあります。変身ヒロインにとって愛車のヴィークルは辛い戦いの中で苦楽を共にしてきた相棒であり、ある意味では恋人のような関係でもあります。ヴィークルを使った責めは、その信頼関係を打ち砕くようなものであり、正義の敗北の象徴にふさわしいものです。もっとこのようなシチュエーションが増えてほしいと思っています。